20160514_9a273c


娘が4月に小学生になってから、1ヶ月は学校からかえってくるのをそわそわと待つ日々。
幼稚園のころにくらべて、急に手を離れてしまった感じもありますが、
放課後は、一緒に児童館へいったり、習い事へ連れて行ったり、土日はふたりで予定をたてていろいろとあそびにいっていたりしています。

幼稚園の頃は、仕事が1に対して、育児は9という割合でした。
そのことで、悩むこともありましたが、今思うと、それでよかったかなとおもいます。
長い人生のたった3年です。

5月にはいってから、ゴールデンウィークにたくさん遊び、
学校の遊び場開放にも参加できるようになり、週に2度だけ外へ働きに行く事にしました。

この11年、ずっと自営業(ほそぼそとではありますが。。。。)だったので、
外で働く事に不安がありましたが、週に2度の短時間ではありますが、とてもたのしくお仕事させてもらっています。

外のお仕事と、造形教室のアシスタントで週の3日を過ごしています。
造形教室は娘も生徒なので、一緒にいれるのでうれしいです。

そして、また週に一度だけではありますが、自分のお店をあけることにしました。
またいつかもう少し多くの日にあけたいとはおもっていますが、いまはまだ育児中心の生活でもいいのかなと思っています。 
一年生になって、みるみると自立心が芽生え、児童館でひとりで遊んだり、
それぞれの時間ができました。
きっと、あと1年もしたら、ますます子供にも子供の予定ができて、
中学生になったりしたら、もう親と過ごす時間の方が圧倒的に短くなるんだと思うと、
いまを大切にしなきゃとおもうばかりです。