IMG_9066

下北沢にあったときから、大好きで憧れだったギャラリー commune

いつも、ポップで、パワフルなアーティストの作品展をしています。
こちらで見たのがきっかけで知ることができ、好きになったアーティストもたくさんいます。

海外にありそうな佇まいと、影響力のあるギャラリーでした。

しらなかったのですが、来月6月で閉店とのこと。
これからは、力をいれている出版関係や、オンラインストア、そして企画展のディレクションをされるそうです。
まだまだ活躍から目が離せませんが、やっぱりギャラリーという場所がなくなってしまうのは、
本当に本当に残念です。

場所の持つちから

いまは、インターネットが情報の中心にあるかもしれません。
雑誌や新聞、テレビ離れともいわれています。
たしかに、インターネットはとても便利です。
情報も早いし、だれでもが個人で発信できます。
しかし、情報の正確さ、不正確さをジャッジするには、あまりにも情報が早すぎる。
その点、アナログな情報源は、発信者が責任をもって発信している場合が多くて(もちろんインターネットもそうですが)
信頼度は高いとおもいます。

そして、アート作品は、実際に、目で見ないとわかりません。
素材や、作品の持つ空気、色、などなど。
情報では処理できない、とても大切なものを感じ取るために、場所は欠かすことのできない要素です。

大好きな場所、いつも発信している場所が一つなくなること、とても悲しいです。
またいつか再開してほしいです。

先日書いた、東京園もそうですが、場所がなくなるって、本当に悲しい。
新しい場所もどんどん増えています。でも、そのスピードの早さについていけません。
それよりも、大切な場所へ、もっともっと足を運びたいと思いました。

今回も、とてもステキなアーティストの作品をみれました。
そして、本を購入。大切にページをめくりたいと思います。


Luke Best & Laura Carlin exhibition “Beyond The Curtain”

ルーク・ベスト&ローラ・カーリン 二人展『カーテンの向こう側 』

2015年5月22日(金) - 5月31日(日) [木曜定休]

http://gallerycommune.blogspot.jp/2015/04/may-22-fri-may-31-sunluke-best-laura_4.html