写真 2

快晴の日曜日

早起きをして、洗濯物を干して、ゆっくりベランダでひなたぼっこからはじまりました。
デッキチェアを置いて、コーヒーを飲みながら、
青い空をみていると、この季節がずっとつづかないかなぁとかおもってしまいます。
しかし、しかし、4月は毎年体調を崩します。
春は解毒の時でもあるそう。体の不調が続いていたのですが、
4月のおわりにかけてすこしづつ和らいできました。
不調のときは、がんばろう!とか、治そうと力をいれないで、
「なにもしない」こともとても大事だそう。

日曜日は、友人に誘われて松陰神社へ。
ここには大好きなお店がたくさんあるのですが、
駅は三軒茶屋と下高井戸を結ぶローカル線 
世田谷線の 「松陰神社」駅です。
松蔭神社といえば、吉田松陰縁の神社です。
そんな文化は色濃いけれど、なかなかローカルな駅なのですが、
最近雑誌などでとりあげられたりと、とても人気の街です。

とくに、去年できたmerciBAKEというおかしやさんが人気で、その日も長蛇の列でした。
わたしたちは、たまたまタイミングもよく、座れました。
オレンジのパウンドケーキとアイスコーヒーをいただきました。
娘も大好きなお店で、週に1度くらいのハイペースで通っていた時期もありました。
(いまは、家がすこし離れてしまいましたが、それでも良く行っています)
お店も混んでいたので、帰り支度をしているときに、ふとお手洗いで目にした

「松蔭神社MAP」

MAPのはじのほう、お店がたくさんあるエリアから離れた所に「夏椿」の文字。
いつも行こう行こうと思いながらも、なかなかいくことが出来なかったお店。
友人に、ケーキをたべたあとは、二子玉川にいく予定だったのを、
急遽夏椿さんにいかない?と提案したところ、
その友人もいつかいってみたかったお店!ということで、早速目指して出発しました。

半袖でも暑いくらい、いいお天気。
お散歩日和です。

世田谷通りにでて、てくてくと歩きます。
途中お腹がすいたので、これまた大好物の豚まんのおみせ
鹿港へ。
http://www.lu-gang.com/
こちらの豚まんは、生地がとーーーーってもなめらかでふわふわで美味しいです。
サイズも大きすぎず、とても食べやすいです。
お店の前を通ると、その行列を無視して通ることはできません。笑


あたたかい豚まんを公園でひとやすみしながらいただき、また歩きます。

到着した夏椿さんは、古い一軒家のお店です。
そのひは木工作家さんの展示会をしていました。

美しい木工作品はもちろん、やはりお店の雰囲気が素晴らしく、
お庭もすてきな演出で、感動しました。
古く、ステキな建物になじむように、配置された品々はもちろん、
建物やお部屋全体からもわびさびがあって、
いつかこんな生活してみたいなぁと、憧れました。
まだまだ、和の心をたのしむような暮らしはできておりませんが、
やっぱり日本人だなぁと、こころのどこかがほっとするのを感じました。

写真 1

夏椿

http://www.natsutsubaki.com/


夏椿をあとにして、さて帰ろうとおもっていた帰り道、
日曜日は定休日で諦めていた、もう一軒のいってみたかったお店があいていました!
前日かにイベント出展のためおやすみされていた振替ということで、ラッキー!

こちらもとてもすてきなおみせです。
日本各地の民芸をセレクトされている「日々の暮らし」さんのお店です。
工芸喜頓(こうげいきいとん)さんです。

http://www.hibinokurashi.com/jp/store.html

お店もかっこいいです!

セレクトも筋が通っていて、どれも使ってみたくなるようなものがたくさん並んでいました。

そちらで一目惚れした、岡山の工房、三宅吹き硝子工房さんのタンブラーを購入しました。
とーーーってもかわいいデザインで、本当は2つほしかったのですが、
お財布と相談して、今回はひとつ。。。またいつか、もう1つお迎えにいきたいとおもいます。
http://www.hibinokurashi.com/jp/item/1220
こちら、名前もかわいいのです。
苺プラントタンブラー

写真 3

早速家にかえり、苺の葉っぱを飾ってみました。

とっても充実の世田谷通り散歩。

いつかボロ市も参戦したいとおもいます!

そして、そのあとは、二子玉川にいったのですが。。。。
あまりの人混みに、ちーーーん。
疲れ果ててしまいました。
たのしみにしていた、ストランドビーストは。。。。。
実物をみることができて、うれしかったです。

人混み苦手症候群としては、あまりの混雑に、そそくさとまた友人の家へと逃避行。
夕方まで、のんびりと過ごしました。